読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒキニートがゲームを作るブログ

Unityでゲームを作る過程を投稿します

実機テストで見えた問題【UnityでRTSを作る 15】

実機テストをしました。


今回は実機テストをしたことで気づいたことをまとめます。

動作が重い

重たい。

今上がっている最適化の方法は

  • コードを最適化する。
  • DynamicCulling(開発中のアセット)を使って見えないオブジェクトの一部処理を停止する。
  • ユニットの数を制限する仕様を追加する。
    (ユニットにコストを付けて、全体のコストが一定以上にならないようにする)

操作性の違い

現在の「プレイヤーを引っ張るように移動させる」方法だと移動がしづらいです。
タブレットでテストしたのでスマホでの操作性はわからない)

画面端に仮想パッドを置くなどの対応を考えています。

PCと所々違うところがある

PCだと問題が起こらない箇所に問題が隠れていることがあります。

めんどくさがらずに定期的に実機テストをしないと、
知らないところで問題が山積みということになりそうです。